はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと。主にバンドリを中心とした音楽関連のディスクレビューやライブレポを書きます。

フォニックゲインの高鳴りが世界を包む。シンフォギアの進化は止められない。シンフォギアライブ2018ライブレポート

こんばんは、僕です。
今回僕は昨年オープンした新会場である武蔵野の森総合スポーツプラザで2日間開催される、シンフォギアライブ2018の1日目に参加してきました。僕としては二度目の参加となるシンフォギアライブです。両日とも参加したかったのですが流石にチケット争奪戦は激戦でかなわなかったので、初日のみの参加でした。これを書いているのは2日目が終わった段階ですので、初日では放送時期のみが発表されたシリーズ5期のタイトルも書き込めます。戦姫絶唱シンフォギアXV、2019年4月から放送です。楽しみですね。その頃僕は大学を卒業し、新入社員として働き始めていることでしょう。……そうであってほしいです。


セトリ
1.TESTAMENT
2.UNLIMITED BEAT
3.死灯 -エイヴィヒカイト-
4.Draft folder
5.ご奉仕...メイドモード
6.ギザギザギラリ☆フルスロットル
7.Just Loving X-Edge(short ver.)
8.手紙
9.はっぴー すまいる ばけいしょん
10.かばんの隠し事
11.歪鏡・シェンショウジン
12.永愛プロミス
13.Stand up! Ready!!
14.Stand up! Lady!!
15.裸になって…夏
16.Futurism
17.GUN BULLET XXX
18.とどけHappy♡うたずきん!
19.SAKURA BLIZZERD
20.月下美刃
21.ルミナスゲイト
22.負けない愛が拳にある
23.花咲く勇気
24.Rainbow Flower
25.Change the Future
26.風月ノ双疾
27.必愛デュオシャウト
28.アクシアの風
29.旋律ソロリティ
30.激唱インフィニティ
31.虹色のフリューゲル


開幕はやはりこの曲、戦姫絶唱シンフォギアAXZのOPだった『TESTAMENT』です。そして間髪入れず、アプリゲーム戦姫絶唱シンフォギアXDのテーマソングの『UNLIMITED BEAT』が歌われました。水樹奈々さんの歌唱力は流石と言わざるを得ませんでした。スタート直後からテンションは最高潮に達し、このままラストまで走り抜けられるのかという一抹の不安も。この時はとにかく「上手い! かっこいい!」と思い続けていました。
3曲目は『死灯 -エイヴィヒカイト-』でしたが、2日目は場所が違ったそうですね。初日は序盤も序盤から歌われたのでとても驚きましたが、水樹さんのパワーにあてられた我々を一気にパヴァリア組の世界観に引き込む凄まじいパフォーマンスでした。音源でもそうですが、歌い出しのアカペラパートの存在感が凄いです。3人のユニゾンやハモリもとても美しく、衣装の完成度もあってまさしくキャラクター本人がそこに立っているような錯覚を覚えました。サビの迫力と疾走感がたまらなくて、僕はここで一度泣きました。というか、カリオストロ役の蒼井翔太さんが本当に凄すぎて……。立ち振る舞いや声も含めて、これもう完全に女性やなと……。ラスサビで男の部分が出てきてドスの効いた歌声になるところが良すぎて「すげぇ!」と思わず声に出してしまいました。サンジェルマン役の寿美菜子さんは非常に堂の入った歌い方で抜群の安定感でしたし、プレラーティ役の日高里菜さんは2人に比べれば歌は見劣りするも、気後れせず正面から歌い上げ、3人の絶妙なバランスを生み出していました。小手先の技術でなく魂から歌っているようにも見えて、シンフォギアにおける歌とはこういうものでもあるよなと再確認しました。
次に登場したのは調役の南條愛乃さんでした。ここでまさかのXDで配信され、未だフルはおろか音源としても正式には世に出ていないオリジナル曲『ご奉仕…メイドモード』が披露されましたね。僕はやる可能性は考えていましたが、まさかフルを披露するとは思わなんだ……。ここで我々は、他のメンバーのXDオリジナル曲フル披露を悟るのでした。
調が来たならば、次はこれしかありません。切歌役茅野愛衣さんとのデュエットです。まずは『ギザギザギラリ☆フルスロットル』から始まり、2期のデュエット曲である『Just Loving X-Edge』がショートバージョンで歌われました。イヤモニを付けているとはいえ、これを歌えるのは凄いなぁといつも思ってしまいます。
切歌ソロパートでは本人をして黒歴史と言われるあの曲『手紙』が登場。会場に集まった適合者達による「デスコール」が鳴り響きました。めっちゃ楽しいけど今思うと異様すぎる光景ですねこれ。
4期では新曲が来なかった未来役の井口裕香さんでしたが、ここでアプリオリジナル曲の『永愛プロミス』が披露されました。その前に歌われた『歪鏡・シェンショウジン』と並んでめちゃくちゃ重い曲で笑ってしまいました。でもめっちゃかっこよかったし良い曲でした。こういうかっこいい曲もいいですが、『かばんの隠し事』や『陽だまりメモリア』のようなタイプの曲も、今後新曲として登場してほしいですね。
この辺りから中盤戦。続いて登場したのはマリア役の日笠陽子さんです。シンフォギア全楽曲の中でも屈指の難易度を誇る『Stand up! Ready!!』を見事に歌い切る姿があまりにもかっこよかった……。そして『Stand up! Lady!!』は「Naze×3 そこで愛?」のシンガロングでめっちゃ笑いました、楽しかった。
荘厳なイントロから始まる『Futurism』では高垣彩陽さんの歌唱力に圧倒。続くキャラクターとしての曲ではガラリと声質が変わるのが、彼女の凄いところだと思います。キャラ声でこのレベルで歌える人は中々いないと思います。しかも『とどけHappy♡うたずきん!』ではクリスの声からまた違う可愛らしい声で歌っていて、この人の引き出しはどれだけあるのかと脱帽しました。恒例の大爆笑(笑)MCもありましたが、歌ってる時との温度差が酷いです。
シリーズを重ねる度に歌詞の物騒さが上がっていく翼ですが、今回は世界の歌姫としての曲である『ルミナスゲイト』があったのでバランスも取っていたんじゃなかろうか。水樹さんは戦闘曲とこうした曲とでは歌い方にかなり差をつけていますが、やはりこの曲では普段の水樹さんのような歌い方で気持ちよかったです。
さぁ、ここで遂にやってきたのがクイーンオブシンフォギア、響役の悠木碧さんです。激アツなパフォーマンスに僕も終始、振り切ったテンションで声を出していました。特に『Rainbow Flower』は聴けるなんて思ってもいなかったので、ここでも僕は泣きました。この曲本当に大好きなんです……。『花咲く勇気』は2日目にサンジェルマン役の寿さんとデュエットで歌われたそうですね。これは是非とも聞きたかった……。何故初日でもやってくれなかったのか。
3曲のデュエットソングを経てやってきた本編ラスト『アクシアの風』はそれぞれの聖詠が生で聴けるレア曲。静かな入りからシンフォギアらしいアツイ曲展開に突っ込んでいくラストに相応しい曲でした。集大成感もある名曲だと改めて実感。
アンコール後は5期の放送時期が発表。初日でしたのでタイトルはまだでした。「響き合う運命は未来に向かって走り出す」みたいな一文が直前に出てきたと思うんですけど、「あっ……」ってなりました。会場全体がなんとなくそんな雰囲気になっててちょっと面白かったです。
アンコール一曲目の『旋律ソロリティ』は個人的に全てがエモい大好きな曲なんですが、生で聴いたインパクトは相当でした。特にイントロからメロディーも歌い出しまでが完璧だなといつも思います。かっこよすぎる。ちょっと泣けました。
次はもちろん『激唱インフィニティ』でしたが、こちらも激アツでしたね。響の絡む曲は大概燃え尽きそうになってしまいます。ただこの曲に関しては劇中歌バージョンがあまりにも良すぎるので、ライブですらも物足りなさを感じてしまいました。シンフォギアの恐ろしいところです……。
締めはおなじみ『虹色のフリューゲル』です。文句なしの名曲です。毎度思うのですが、この曲には歌っていない他のキャストを呼んでもいいと思うんですよね。せっかくの大団円曲ですし、ライブならではの全員歌唱がいつか見たいですねー。歌っていない面々が少しかわいそうに思えてしまうんですよ。



さてさて、色々あって投稿が一週間遅れになってしまいました。2日目の映像化が(予定調和とはいえ)決定したり5期のタイトルが発表されたり、物販の事後通販が始まったりもしていますね。19年春までワクワクが止まりませんが、それまではライブDVDとアプリをやりながら過ごしたいと思います。楽しいライブでした!