声優・バンドの深読み解剖研究室

知識のない音楽オタクが声優アーティストやバンドを深読みする。バンドリを始めに声優アーティストやバンドのディスクレビュー、ライブレポ中心に書いていきます。

【楽曲レビュー・感想】底抜けに明るくて、だけども何故か泣けてくる 所恵美(CV.藤井ゆきよ)『アフタースクールパーリータイム』

こんにちは、僕です。

普段はシングルやアルバム単位でレビュー・感想を書いていますが、あれって結構時間がかかるんですよ。とはいえもっとコンスタントに更新したいなと考えていたので、それだったら1曲単位で書けばいいんじゃないかという事で、いきなりですが1曲単位のショートレビュー始めました。

そんな訳で第1回は何について書こうかなと考えた結果、ドチャクソ人気な割にはあまりレビュー等を見る機会のないアイマス楽曲が良いなと思い至りました。ひと口にアイマスと言ってもシリーズも複数ありますが、今回は楽曲が今最もアツイ(僕の中で)『アイドルマスター ミリオンライブ!』からセレクトしました。
数あるミリオン楽曲から今回取り上げるのは、所恵美(CV.藤井ゆきよ)のソロ曲『アフタースクールパーリータイム』です。僕がミリオン楽曲の中でトップクラスに好きな曲です。是非、まだ聞いていない方には聞いていただきたい。




【アイドルマスター ミリオンライブ!】「アフタースクールパーリータイム」試聴動画

恵美にとって初のソロ曲であり、彼女のキャラクター性を映すかのような弾けるリズムのダンスナンバー。ラップ調のパートと合わせ、恵美演じる藤井さんの独特な歌声が癖になる曲です。

イントロから既にワクワクとする期待感を感じさせますが、歌い出し直前にあるギターのフレーズがもう堪らなく僕は好き。サビ前にも同じように出てきますが、なんだか小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロフレーズを彷彿とさせます。あのチュクチューンってやつです。

歌い出しの『Make me happy いつだって〜』というフレーズは、その後も間奏で歌われますが、この「Make me」は「恵美」という名前と掛けている、ちょっとした言葉遊びでもあるのかなと思います。余談ですが。

他の音が派手ですし、こういったダンスミュージックなのでベースなどの低音にどうしても意識が入ってしまいがちですが、実はギターがとてもかっこいいです。カッティングをたくさんしていますし、明るい音と低音が前面に出ている分、ギターは飛び道具的な使われ方もしているのが楽しくて好きです。

仲のいい女の子同士の何気ない放課後の様子が歌われる楽しい曲なのは間違いないのですが、この曲の本当に凄いところは何処か切なくて泣ける曲でもあるというところです。こんなに賑やかな曲なのに、何処かに悲しみが共存しているのです。僕がこの曲が大好きな大きな要因の一つが、まさしくこの要素なのです。それはまるで仲良しな友達との関係や、放課後一緒に遊ぶ「楽しいが増える毎日」が永遠ではないことを、暗に表現しているようです。
その認識の元に曲を聞くと、冒頭では『今日は踊ろう』と歌っていたところが最後に『明日も踊ろう』に変化していることや「いつも」という言葉の意味。そして『「毎日」を歌える奇跡』という歌詞の捉え方が変わってくるに違いありません。
裏に見え隠れするこうした切なさがあるからこそ、A・Bメロで歌われる「あなた」と過ごす放課後の毎日の尊さが際立って感じられますし、その部分の光があるからこそ、逆に影である切なさもまた色濃く感じられる曲になっているのだと思います。

終わりに

超名曲と僕が声高に言い続けている『アフタースクールパーリータイム』について書いていきましたが、如何でしたでしょうか。興味を持っていただけた方には是非ともちゃんと聴いてほしい曲です。

アイマスはサブスク配信がされていないので気軽に聴けないことがネックではありますが、それでも強くオススメしたい曲に溢れているコンテンツです。あまり強い言葉は使いたくありませんが、音楽が人より好きだという自負がある方でアイマス楽曲を聞かないのは、正直機会損失していると感じます。アイマス、今すごく面白いことになっていますよ。
めちゃくちゃ曲数も多いですが、言ってしまえばそれは掘っても掘っても尽きない金脈のようなものです。僕自身精々半分位しか掘り進められていないこの金脈を、これからも開拓していきたいと思います。

それでは今回はこの辺りで。
さようなら!



アニメソングランキング