声優・バンドの深読み解剖研究室

知識のない音楽オタクが声優アーティストやバンドを深読みする。バンドリを始めに声優アーティストやバンドのディスクレビュー、ライブレポ中心に書いていきます。

【ディスクレビュー】Pastel*Palettes 5thシングル『きゅ~まい*flower』

こんにちは、僕です。
今回はPastel*Palettesの5thシングル『きゅ~まい*flower』のディスクレビューです。
いつもこんな事言っていますが、実にパスパレらしい魅力の詰まったシングルではないでしょうか。バンドながらアイドルらしい楽曲という、アニソンと近いけどまた少し違うような微妙なニュアンスを体現し続けていると感じます。
それでは書いていきましょう。



きゅ~まい*flower

どのバンドもそうでしたが、2期の新曲は実に各バンドらしい楽曲が揃っていて、勿論この曲も例外ではありません。1stシングルの流れを汲みつつ、バンドっぽさはより強くなったような楽曲です。とてもポップでキャッチーな曲に仕上がっています。イントロや間奏の力強いギターが印象的で、パスパレ特有のキラキラしたシンセサウンドと合わせて、楽曲のパスパレらしさを牽引します。ポピパにも似たような音作りのギターが見受けられますが、僕はこの手のギターのサウンドが妙に好きなのでとても嬉しいです。

また、度々話題に上げることですが、フックとして耳に残るメロディーやキメが多く、コールパートも豊富ですので間違いなくライブ映えするような曲ですね。クラップは楽しいですし、カウントアップするところはグッと高まります。曲中におけるカウントダウンやカウントアップって何でこんなにワクワクするんでしょうかね。不思議です。

改めて実感したのは、丸山彩の声を務める前島亜美さんのボーカルの素晴らしさ。元アイドルというところも影響しているかもしれませんが、実にアイドルらしい元気で可愛らしいボーカルをしていて、こちらも度々僕のブログでも言及される「上手く聞こえすぎないボーカル」になっているように思えます。あと単純に声質が抜群に可愛い。パスパレのボーカルは彼女以外ちょっと考えられませんね。
決して弱々しく歌っている訳でなく、むしろとても明るい歌い方なのに何故か少し儚げな空気を纏うこの歌声は、遠くない将来必ず終わりを迎える『アイドル』という存在を体現しているような気もします。




ゼッタイ宣言~Recital~

怪しげながらも可愛らしいハロウィンソングである楽曲。様々な音が使われているので聞いていて楽しいです。イントロやアウトロでうっすら聞こえるガラスを擦ったような音は何の楽器の音なのでしょうか。気になります。

怪しさを演出するために、要所で少しリズムから外れた演奏があったり不協和音にも聞こえる音色が使われます。最早日本で知らない人はいないであろうミュージックスターの米津玄師も、このような手法を得意としています。


米津玄師 MV『ゴーゴー幽霊船』


楽器単体で見てもおどろおどろしさを出すための演奏をしています。ピアノなんかは分かりやすいでしょうか。ギターソロで空間系のエフェクトがかかっているのも、今回は気味の悪さが出ていて良いですね。地味にこのソロの直前のベースも忍び寄るような音で雰囲気があります。
Bメロでボーカルラインと楽器が同じところを弾くのも、音は不気味でもキャッチーです。勿論メンバー歌唱もある訳ですが、千聖の声は上坂さんの声質もあって少し外れているような不安定さを感じさせ、不協和音感を醸し出しています。他のメンバーもどことなく不安定な感じがします。パスパレらしいキャッチーさと程よい不気味さが合わさり、一層引き込まれる曲になっているのではないでしょうか。

上述した不安定さを含め、こちらの曲は『きゅ~まい*flower』以上の取っ掛かりの多さで一度聞けば頭から離れません。『しゅわりん☆どり〜みん』のようなギラついたシンセによる印象付けから、最近のパスパレは歌詞の言葉選びによる印象付けにシフトしているように思えます。口ずさみたくなるような歌詞やコールパートが、この曲においても唯一無二の魅力を見せてくれます。



終わりに

パスパレの曲ってバンド+アニソンではあるんですけど、アニソン感以上にちゃんとアイドルソングっぽく聞こえるのは本当に凄いなと思っています。上手い表現が見つからないのですが、アニソンとアイドルソングって似てるし近いけどやっぱりどこか違うんですよね。何が違うのか言葉に出来ないのは悔しい限りですが、その相違点を曲に落とし込んでいるのは流石の一言です。

それでは今回はこの辺りで。
さようなら!


きゅ~まい*flower[通常盤]

きゅ~まい*flower[通常盤]



アニメソングランキング