はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

【ディスクレビュー】奇天烈な歌詞と冴えるギターロックが誘う花園ランド バンドリ!花園たえキャラクターソング『花園電気ギター!!!』

こんばんは、僕です。

さてさて、発売されましたおたえのキャラクターソング『花園電気ギター!!!』のディスクレビューです。同時発売されたりみのキャラソンは別記事として書きます。

ラジオで初解禁されてからずっと気になっていたおたえのキャラソン。個人的にはここまでの3枚の中で一番好きな1枚になりました。まさにキャラソンといったこの1枚について、じっくり語っていきます。

 

 

 

花園電気ギター!!!!

花園電気ギター!!!!

疾走感溢れるギターロック

 リードギター担当キャラのキャラソンということもあり、イントロからギターを前面に出したサウンドが楽しめます。全体を通して疾走感のあるギターロックですが、Aメロは少し陽気なリズムになったりと、曲調も少々掴みどころがないおたえに似ているような気もしますね。とはいえ、基本はすごくシンプルなサウンドですので深いことは考えずともかっこいいと思える曲だと思います。

余談ですが、この曲にはキーボードが使われていないようですね。まさしくギターロックです。

 

キャラソン然としたイカれた歌詞

さて、そんなかっこいい曲に乗っかっている歌詞。こいつが相当ヤベェ。こんなにとっ散らかっている歌詞は久々に見ました。

まず歌い出しに『キースやベックやジミヘンも Doki Doki したのかな?』と来ます。突然実在する世界的ギタリストの名前が歌われてことに驚きましたが、ここで僕はまず「あぁ、おたえのギターに対する想いが歌われてるんだろうな」と想像したわけです。実際に間違っているわけではないと思うのですが、この先の歌詞がまったく統一性のないものになるので、一聴した程度では全くなんのことを言っているのか分かりません。歌詞すべてを載せるわけにもいかないので是非ともご自身で確認してみてほしいです。先ほどの歌詞の直後には『うさぎやほっぺたや白玉は Mochi Mochi しあわせだ♪』と歌われますし、サビには『Welcome to the ハナゾノランド!』というキラーセンテンスが待っています。爆笑した。この曲の歌詞、見事なまでにおたえのキャラクター性を表現してくれていると思います。アニメやアプリでおたえを知っている人ならば、彼女は突然素っ頓狂なことを言ったらズレたことを言うキャラだと言うことは理解しているでしょう。この歌詞はまさしくおたえの歌詞です。“歌詞に深い意味は必要ない

” を地で行く感じ、ロックです。

 

自然なおたえの歌声

後述のアコースティックとこの曲では歌い方が大きく違います。これは香澄のキャラソンのときもそうでしたね。 歌い方の差については大塚さんのブログにも書いてあるのでそちらも参照していただけたらと思いますが、『花園電気ギター!!!!』では素に近い自然なおたえの歌声で歌われていると言えるでしょう。大塚さんのブログに書いてあったことですが、家で思いっきり歌っているような感じとでも言いましょうか。この歌声がとても可愛いんです。今までの曲の中のおたえパートでは、結構かっこいいタイプの歌声でしたが、今回は明るくはつらつとした歌い方をしてくれています。こういうのを聞くと「しっかり声優やってるなぁ」となぜか感傷的になってしまいますね。 

そんな歌声の中で個人的に気になっているのが、サビのとあるところ。『花園電気ギター!』の『ギター!』部分です。よくあるアクセントのついた歌い方をしているのですが、聞いた人はきっとこの部分が非常に頭に残っていると思います。この部分、伸ばしの母音が上がり切らずに不安定な上がり方をしているんですよね。ちょっと音を外しているように聞こえるのではないでしょうか? 素直に歌うと母音もしっかり音にハマった状態になると思います。でとここではゆらりとした、音にハマりきらない外したアクセントが付いているんです。しょっちゅう僕が言うことですが、これが“フック”として非常に効果的な役割を果たしていると思います。これがREC時に指示されたことなのか、大塚さんが自ら行ったことなのかは分かりませんが、この歌い方にしてくれてありがとうと言わせていただきたいです。

 

走り始めたばかりのキミに ~Acoustic Ver.~

アコースティックとの相性バッチリな曲

元々この『走り始めたばかりのキミに』はロックチューンではないメッセージソングなので、アコースティックアレンジとの相性が抜群です。実際にアレンジされたものも非常に良い雰囲気の曲に仕上がっていると思います。『ティアドロップス』のような新鮮味はないかもしれませんが、このアレンジがされたことで泣ける要素が増えた気がしますね。原曲に比べ、より心地よいテンポになっているのではないでしょうか。音の賑やかさが落ち着いた分、ピアノの旋律が美しく聞こえてくるのもいいですね。

 

ちょっぴり格好つけたおたえの歌声

前述の『花園電気ギター!!!!』と比べると、歌声が少し大人びたような格好つけたような歌い方になっています。従来の曲の中で使われてきた歌声に近い感じです。これがおたえの“ステージ” での歌なのかなぁという印象を受けました。丁寧に歌い上げている感じがしてとても好きです。これも香澄のときに同じことを言っていますが、演じている声優さんの素の歌声にも近いのではないのかなと。

 僕はこのバージョンの歌い方、ところどころしゃくりあげてるのがすごく好きなんですよね。サビを聞いてもらえるとよく分かると思います。『めくるめく』とか『泣きじゃくる』とかのあたりですね。基本的に僕は大塚さんの歌が好きみたいですねこりゃ。

 

まとめ

今回の一枚は非常に良い一枚だと思います。特に『花園電気ギター!!!!』は凄まじい。こんな歌詞ありかよと笑ってしまいました。これぞキャラソンです。見事に花園ランドへ誘われてしまいました。

また、はしキミのアコースティックアレンジでは歌声の二面性も見せてくれました。地味に声優としての大塚さんが見えてきて嬉しかったです。これから声優としてどんな仕事をするのかは分かりませんが、しっかり声優に向き合ってくれてるんだなぁと嬉しくなりました。

 

おわりに

さて、今回のレビューはこの辺りで終わりにしたいと思います。ちょっと短いような気もしましたが、なにせりみのキャラソンと同時発売なのでそちらも書かなければいけない。なのでそこは勘弁していただきたい。ゆっくり書こうかとも思ったんですけど、それはそれでRoseliaの2ndシングルが来週には待っているのでそうもいかず……。まぁ言いたいことは言えたので問題はありません。

この夏はバンドリ以外にもリリースがたくさんありますし、全部を書くかは分かりませんけど忙しそうです。楽しみだけど大変。お金も大変。シンフォギアのCDなんて毎週出ますからね。ディスクレビューは……ちょっと検討。

 

それでは次のりみのキャラソンでお会いしましょう