はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

一夜明け、村田世界戦についての動き

おはようございます、僕です。

昨日村田の世界戦の結果についての記事を投稿したところ、なにやらすごい数のアクセスがありました。

f:id:shun0017:20170521094718p:image

なんだこれは……? 起きてなんとなくアクセス数チェックしたら、桁の違うアクセス数と驚きの伸び方に変な声出ました。ネットニュースに埋もれて中々たどり着かない記事だと思っていたんですけど、そうでもなかったんですかね……。これだけ注目度が高いニュースなのはボクシング人気の高さも感じますし、多くの人が関心を持ってくれているのはいちボクシングファンとして嬉しいですね。

 

さて、昨日の時点でWBA会長がジャッジに苦言を呈していた訳ですが、早くも動きがあったようです。

 WBA会長、村田―エンダム再戦指令 ツイッターで「怒りと謝罪」表明 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

WBA会長が謝罪と再戦指令を出したようです。怒りと不満を感じるとまで言っている様子で、これはちょっと異例の事態かもしれません。こうなると勝ったエンダムは少し可哀想というか、立場がないというか。エンダムに非はありませんし、強いボクサーだったのは事実ですからね。ですが帝拳ジムの本田会長はWBAへの不信感を募らせていて、リマッチはやりたくないとも発言していますし、実現するかは分かりません。

僕としてはやるべきだと思います。ゴロフキンとカネロが活躍する現在のミドル級で、タイトルマッチが出来るチャンスはそう多くはありません。チャンスがあるならばやるべきです。

とはいえ、昨日も言ったように村田は戦い方を少し改める必要があると思いますし、今回の内容がどう見ても勝っていたとしても次がどうかは分かりません。リマッチで全てがひっくり返されることは往々にしてあります。お互い一度対戦しているという経験は非常に大きい。今回と同じように挑めばまた負ける可能性は大いにあるでしょうね。だからこそ、リマッチをするならば確実な勝利を。つまりKO勝ちをしなければいけないでしょう。結局突き詰めれば、ボクシングは“倒せば勝ち”なんですよね。KOしてしまえば誰も文句は言えないんです。村田次第ですがリマッチをするなら応援しますし、そのときは気持ちのいいKOが見たいものです。

 

 

本日は八重樫と井上のタイトルマッチ。こちらも楽しみですね。それでは。