はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

UNISON SQUARE GARDENの2週連続シングルリリースでアガる11月

こんばんは、僕です。
今月に入り僕の大好きなバンドUNISON SQUARE GARDENが2週連続でシングルをリリースしましたね。皆さん買いましたでしょうか? 僕は当然買いましたし、連動特典のトートバッグを貰うことができました。嬉しい。

fake town baby (通常盤)

fake town baby (通常盤)

まさか8月にシングルがリリースされたばかりなのに、11月にまたリリース――しかも2週連続なんて考えもしませんでした。
個人的に表題曲を比べると『Invisible Sensation』の方がザ・ユニゾンって感じで好きなんですが、皆さんはどうでしょうか? 『fake town baby』のような音が激しい曲も良いんですけど、やっぱりユニゾンはポップな曲の方が似合う気がします。『fake town baby』って『Catcher In The Spy』に収録されてそうな感じの格好良さとかロック感に寄せた曲で、正直あんまりユニゾンの色ではないのかなと。いやまぁこの曲もユニゾンらしさ満載なんですけどね。
一方『Invisible Sensation』は先ほども述べた通り実にユニゾンらしい曲なんじゃないかと思います。非常にポップで、こんなにも楽しい。そう、ユニゾンのポップは楽しいんです。それがこの曲では存分に発揮されていると思います。2017年ももうすぐ終わりますが、またとんでもない曲を発表したもんだ。
あと、これは両方に言えることですがまぁ演奏が難しい。マジで斎藤さんはなんでこんな複雑なフレーズを弾きながら歌えるのか疑問で仕方がないですね。僕みたいな楽器の知識のない人間でも、聞けば一目瞭然の難しさです。特に『fake town baby』の2番Aメロはどうしてあんなことになってしまったんですかね……。初めて聞いた時目が点になりましたよ本当に。ライブで背中合わせの状態で、どうやってタイミング合わせるのか……。『Invisible Sensation』もAメロは変則的になってますし、とにかく同じ展開にはしたくないって感じなんでしょうかね。歌詞もキツキツに詰まってますし、歌うだけでも精一杯なのが普通だと思うのですが……やはり化け物か。楽器なくても激ムズですよどっちの曲も。これは間違いない。

ニゾンで、というか普通のバンドのCDではレビューを書くつもりがあまりないので普通に雑談にしました。アニソン関連と違って、しっかり音楽知識が無いと何書いていいのかよく分からなくなるんですよね。まぁアニソンだってその辺りの知識があればもっといいんですがね。
それではさようならー。

ポピパのPAいい加減にしろ案件

こんばんは、僕です。
この記事を書いている段階では本日、Poppin’Partyのファンミーティングが豊洲PITでありまして、僕の方もそれに参加してまいりました。凄くいい内容で、ファンミならではのここでしか見られないモノって言うのもいくつもあったわけで、とても楽しかったのです。楽しかったのですが……。一点だけ、どうしても吐き出しておきたい愚痴があるので今回ブログを書いています。まぁもうタイトルで一目瞭然なのですが。

今回のミニライブの時のPA、酷すぎませんか?

そもそもバンドリのライブの時、特にポピパの時のPAって今までも良くなかったんですけども。それでもまぁまだ聴ける範囲内だったんですよね。もちろん改善すべきですし、それをずっと直さないでいるのは問題なんですが。ですが今回はそもそも聴けないレベルのところがありましたので、こうしてブログに書いているわけです。
まずベースの音が低音効かせすぎているのか、それとも音がでかすぎるのか。異常にブリッブリで割れてる感じのところが何度かありました。全体的な音量のバランスもイマイチな気がしましたが、まぁこれはまだいいんですよ。問題はマイクの方です。キラキラだとか夢だとかの愛美さん以外のマイク、全くと言っていいほど聞こえませんでした。
稀にすこーしだけうっすらと聞こえたので、完全にミュートされていたわけではないのかもしれませんが、正直入ってないレベルに聞こえませんでした。これは本当に大問題ですよ。マジで愛美さん以外の声は聞こえませんでしたからね。メンバー全員のボーカルパートがある曲でこれは大失態でしょう。何か事情があるのかもしれませんが、だからと言って目を瞑っていいわけではないです。失敗は失敗なんですから。ホント、会場の皆さんどう思いながら聴いてたのか気になりますよ。

僕がポピパのライブを見るようになったのは3rdのライブビューイングからですが、それから今回まで全てで必ず音響のトラブルがありました。普通に由々しき自体だと思います。これからもこんな調子なら、正直お金を払って見に来ている客を舐めていると思われても仕方がないです。せっかくの良いライブも、ポピパの頑張りも、これでは十分に伝わらないです。それどころかマイナスイメージにすらなり得る恐れもあります。客が聞くのはアンプから流れる生の音ではなく、PAが調整してスピーカーから発信される音なんですから、我々からしたらそれが全てなんですよ。それがこの状態ではどうしようもないじゃないですか。
コンテンツを妄信的に賞賛して、批判は一切合切を受け付けないファンにはなりたくないですし、そういうファンはコンテンツを腐らせると僕は思っているので、今回のケースみたいにダメなモノははっきりとダメだったと言っていきます。そのスタンスはこれまでも貫いてきていますし、今後も貫きます。
TwitterPAのことに触れている人が全然いないので、今回はこういった内容で筆を取りました。今回はモロすぎたのでみんな気になっていたはずなので、もっと文句が出ていても良いと思うんですがね。当然内容はすごく良かったので、そこについて最高だったと語っているのは正しいです。ただ、これだけモロに酷かったのだからそこに目を向けないのは無理があるとも思うんですよね。今回のケースはスタッフサイトも反省するとは思いますけど、僕達ファンサイドが声を上げないと変わるものも変わらないと思います。

今後控えるガルパライブや5thライブでは、PAがもっとしっかりしていることを願うばかりです。おやすみなさい

JAM project JAPAN TOUR 2017〜2018 “TOKYO DIVE” in神奈川レポ

こんにちは、僕です。
先日木曜日、11月2日に神奈川の川崎市スポーツ・文化総合センターで行われたJAM projectのライブツアー『TOKYO DIVE』の初日公演に参加してきました。JAMのライブに行くのは今回が初めて(厳密には2度目)で、とても楽しみにしていたのですが期待以上の素晴らしいライブでした。
今回は特別見出しはつけず、感想を連ねる気軽な感じにするので悪しからず。

セトリ
1.Spinning Out of Control
2.TOKYO DIVE
3.EMG
4.BAD CITY~We’ll be alright!~
5.神ノ牙~The Fang of Apocalypse~
6.勝利の未来
7.紅ノ牙
8.Divine love(奥井雅美)
9.風になれ(遠藤正明&きただにひろし)
10.星空のレクイエム(影山ヒロノブ&福山芳樹)
11.アレクサンドリア
12.Believe in my existence
13.I KILL-イキル-(アコースティック)
14.Growing up(アコースティック)
15.シュワッチ!~君を護りたい~
16.Everything
17.豪腕パンチ
18.THE EXCEEDER
19.The Brave
20.東京スキャンダル
21.Shining Storm ~烈火の如く~
22.鋼のレジスタンス
23.THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~

EN
24.HERO
25.Rocks
26.VICTORY
27.GONG
28.SKILL


いやぁ、本当に素晴らしいライブでした。個々のスキルが天井知らずなのはもちろん知っていたことですが、しっかりとした環境かつ生で聴くとここまで凄まじいのかと面食らいました。実は数年前に代々木の野外ステージで行なわれたフリーライブを見に行ったので、これが初めてのライブではないのです。しかしそのときは野外ということで音が悪くてあまり綺麗には聞こえなかったんですよね。この環境でもこれだけ凄いのか、と驚いたのですが流石に今回の衝撃はそれ以上でした。まさしく圧巻のステージで終始圧倒されてしまいました。特に、今まで見てきたアーティストの中でも圧倒的に声がデカくて笑ってしまいました。恐ろしいまでの声量ですね……。個々の強大な個性がぶつかり合って生まれる爆発的なパワーを体感できました。
今回参加して、JAMは常に新しいことにチャレンジしているんだなと感じました。昨年のツアーからライブ中のスマホによる写真撮影が解禁されたり、今回のライブでは電飾の仕込まれたコスチュームによりメンバー自体が輝きながらダンスを踊る演出があったりと、毎回何か新しい試みに挑戦しているように思えます。アニソン業界の最前線を走り続けるベテランメンバー達が、いつまでも新しいことにチャレンジしていく姿がすごくカッコよくて眩しかったです。自由な世界観を持つ“アニソン”を体現するようなグループだなぁとつくづく感じました。たくさんエネルギーを貰えた気がします。
会場の熱気も凄まじくて、僕は2階席だったんですけどファンのジャンプで揺れてたんですよね。あんなの初めての体験でした。歌っている当人達が激烈に熱いのと曲の熱さとが合わさって、文字通り会場を揺らす激しいライブが成されていました。


今回は少し短い内容ですが、この辺りで終わりたいと思います。理由を挙げるとすれば、JAMはメンバーもバンドも全てが完成されているので、とにかく一度生で見てくれとしか言えないからです。本当に是非とも一度生でライブを見て欲しいです。絶対圧倒されて感動しますから。
それでは今回はこの辺りで。さようならー。

21歳の虚無

こんばんは、僕です。
突然ですが、日付変わって本日10月29日は僕の21歳の誕生日です。去年のブログでは大学の学祭と被ることを危惧していましたが、安心してくれ2016年の僕。今年は被らないし、何ならサークル休部してるから学祭すら行かないぞ。私生活の方が忙しさを増してきたり、元々生活サイクルと噛み合ってなかったサークルの活動とを何とか取り持っていたのが限界に達したことにより、サークルを休部したのが昨年の11月初頭。つまり学祭直後でした。もう1年経ちますね。復帰の目処もついていないので恐らくこのまま消えていくことになります。別段気にもしてないですし、今の毎日が非常に楽なのでよかったんじゃないかなと。

……何の話でしたっけ? サークルのことじゃなくて誕生日を迎えましたよって話でしたね。今日は21歳の誕生日なんでしたね。何故に他人事みたいに言っているのかと言うと、去年みたいなプレミア感がもう誕生日に感じられないからです。ぶっちゃけるとついさっきまで誕生日だってこと忘れてました。あまりにも何もないので。
流石に20歳の誕生日はそわそわしながら迎えたんですけどね。成人になるわけですので。だけど21歳って何でもないじゃないですか。最早この先はただ老けていくだけじゃないですか。何かが解禁されるわけでもないですし。別に友達からのお祝いメッセージがたくさん来るわけでもないですし。女子はそういうのは多そうですけど、男どうしってわざわざ誕生日にお祝いするってあんまりないですよね。あ、言っておきますけど決して友達が少ないとかそういうわけではないですから。マジで。確かに大学の友達はそう多くはないですけど、大学はそんなモンでしょ????

……また話が逸れました。とにかく、21歳の誕生日って何も特別感ないというか、一言で言うならば『虚無』ですね。元々誕生日だからって一喜一憂するタイプでもなかったんですけど、今回は特に無です。やってるソシャゲで誕生日ボイスとか来ないかな〜って調べたくらいですよやったことなんて。クソオタクかよ、殺してくれ。しかし学祭と被らなかったからって台風と被る必要はなくないですかね? 天候すら敵なのか?
まぁ気持ち的には何もない虚無な21歳の誕生日ですが、今日は友人と立川に遊びに行くことになっているのでそっちはちゃんと楽しみです。誕生日なので昼を奢ってもらいます。その後はシンゴジラの爆音上映が復活してるのでそれを見るプランになっています。当然相手は男です。ふとした時に彼女って欲しくなりますね。


いつも以上に書き殴ったブログになりましたけど、雑談記事だしこんなモンでいいんじゃないかなって感じです。暗に誕生日を祝ってくれというメッセージが込められた記事でした。これを書いている途中にお祝いのLINEが届いたので僕は嬉しいです。お休みなさい。

村田諒太WBAミドル級タイトルマッチ、歴史に残る完全決着

こんばんは、僕です。
もう先日のことになりましたが、村田諒太VSアッサン・エンダムのWBA世界ミドル級タイトルマッチが行われました。これは5月に行われ不可解な判定で村田が敗退したことを受けた同選手によるダイレクトリマッチという、少々珍しいタイトルマッチでした。結果は見事、エンダム陣営の棄権による村田の勝利に終わりました。皆さんはご覧になったでしょうか?

今回も頭から最後まで試合を見ていましたが、村田は初回からプレスを強めて攻めていたのが良かったですね。前回は初回は手を出さずに見ることをしていましたが、再戦ということで互いに互いが分かっている状態。大胆に攻めていったように思えます。ジャッジに勝敗を委ねるのではなく、ラウンド毎に確信を持って取っていこうという姿勢が見えました。それはパンチを効かせた後の攻め方にも見受けられたように思えます。慎重な攻め方は崩しませんでしたが、前回よりも決めにかかった攻め方をしていたと思います。
一方のエンダムはというと、もっと足を使ったボクシングをするのかと思いきやクリンチを駆使して距離を潰す作戦に出ていましたね。後から分かったことですが、足の負傷や体調の悪化、ハリケーンによるジム封鎖といったことが重なり調整不足だったところがあったようです。確かに見ていたとき、ラウンド終わりに足を気にするような仕草をしていたことがあったので気になっていたのですが、納得しました。アウトボクシングをやらなかったわけではなく、できなかったところも多少あったのかもしれません。これにより両者近い位置での打ち合いの形になったわけで、村田的には良かったのかもしれません。距離を潰されるのは厄介ですが、パンチの当たる位置に相手がいてくれるわけですからね。村田はディフェンスも上手い選手なので、そういう意味では有利に働いた側面もあったように思えました。
早い段階からボディーを多く打っていたのも決着を早めた要因と言えるでしょう。恐らく調整不足でスタミナも万全とは言えなかったであろうエンダムのスタミナを、効果的に削れていたのではないでしょうか。また、ジャブを駆使するようになってからは一層試合を支配していたように思えます。距離を潰しに来るのを防ぎ、自分のリズムを作ることができる。事実この辺りから効かせるパンチの数が増えたように思えます。

何はともあれ、今回の勝利は本当に素晴らしいものでした。確か日本人によるミドル級王座獲得は22年ぶりで2人目。更に五輪金メダリストによる世界チャンピオン誕生は日本初です。間違いなく歴史に名を刻みました。本当におめでとうございます。
しかし、本当の意味で真価が問われるのはこの先です。この階級はゴロフキンやカネロを筆頭にとてつもなく強いトップ選手がゴロゴロといる、役者揃いの階級です。このまま防衛を重ね、彼らと対峙する資格を得ることができるのか。そして勝つことはできるのか。目指す壁は途方もなく険しいですが、ファンとしてこの先辿る道がとても楽しみです。王座獲得直後、顔をぐしゃりと歪めて泣く村田の姿には僕もぐっと来るものがありました。これからどんな選手になっていくのか、見逃せませんね。

それでは今回はこの辺りで。村田選手王座獲得本当におめでとうございます。さようならー。

珍しくネックレスなんて買ったはいいものの

こんばんは、僕です。
先日Yahooショッピングで使える期間限定Tポイントが結構貯まってて、そのうちのまあまあな分の失効が近かったので何か買おうと思い色々見ていました。時計とかめぼしいものはもう買った後だったので、珍しくネックレスなんか買おうかなと思い手頃な値段のモノを購入しました。

手首に巻くアクセサリーなんかはちょっと持ってたりもするんですが、ネックレスはほとんど買ったことがなかったのでちょっとした冒険でした。まぁ最近、着る服によってはなんか首もとにあるといいなぁということもあったのでちょうどいい機会かなと。
ただここで一つ問題が。チェーンが短くて巻いたらチョーカーみたいになっちゃう。誤算でした、普段からネックレスを付けないばかりにチェーンの長さを確認することを忘れていた……。きっと普通の男性なら問題ない長さなんでしょうけど、僕は首が太いのでそうはいかなかったようです。昔から太いんですよね。筋肉の太さなので一番身体を絞っていたときと比べてもほとんど変わりませんし、痩せてどうこうなる訳でもなさそう。
完全に余計な出費なんですが、せっかく買ったし付けたいのでもっと長いチェーンなりアジャスターなりを探してきて購入しようと思います。ネットで注文してもいいんですけど、これは直接確認した方がいいと思うのでありそうなところを探してみようかと思います。なんだか100均にも売ってるそうですけど安すぎるのは少し不安なので、そこは最終手段にしようかなと。東急ハンズにも売っているそうなので近いうちに見に行こうと思います。


なんだか久しぶりに何でもない雑談記事を書きました。また何かあったら書こうかと思います。それではさようなら。

念願のダークソウル3を買いました

こんばんは、僕です。
本日は久し振りに何もなく暇な日曜日だったので、考えた結果ずっと前から買いたかったゲームを買ってきちゃいました。買ったのはご存知『ダークソウル3』です。DLC収録のオールインパッケージを購入しました。

中古で5000円くらいでした。買おうと思えばいつでも買えたんですけど、チケット当たったり円盤あったり続いていた(今もですが)なので、なるべくお金を節約しようと我慢し続けてました。ですがこのままだといつ買えるかも分かりませんし、来年には『モンスターハンターワールド』も発売されるので買えるタイミングに買ってしまえ!と思い、今日買ってきた次第です。
僕はダークソウルシリーズは全てプレイ済みです。2だけは正直微妙な印象だったので周回は回してないですし、実はDLCもやってないのですが……。でも3は評判も良くて過去作のステージや設定が登場するダークソウルシリーズの集大成・完結作だと聞いていて、ずっとやりたかったんですよね。今は生贄の道というところまで進めてあるのですが、既に過去作を匂わせるものも目にしているのでワクワクしながら進めています。ダクソは所謂死にゲーですが、僕も散々シリーズは遊びましたしブラッドボーンもプレイしているので特に詰まることもなくスムーズに進んでいると思います。死にはしていますが。
ブラボはダクソに比べても圧倒的に雰囲気が暗いというか陰鬱だったので、ダクソは気持ち楽に遊べているのに自分でも笑ってしまいます。ちょいちょい気持ち悪い敵は出てきてますが、ブラボには勝てない……。そういえば盾を使えるのが久しぶりすぎて感動しています。逆にステップ移動が存在しないことに戸惑っています。戦技のシステムだったりこれまでなかったものもあるので、感覚を取り戻しつつ遊んでいこうと思います。

それでは今回はこの辺りで。プレイの経過は……もしかしたら報告するかもですね。分かりません。おやすみなさい。