はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと。主にバンドリを中心とした音楽関連のディスクレビューやライブレポを書きます。

【ライブレポート】BanG Dream! 5th☆LIVE Day2:Roselia -Ewigkeit-

こんにちは、僕です。
予告通り、先日行われた『BanG Dream! 5th☆LIVE Day2:Roselia -Ewigkeit-』のライブレポを書いていきたいと思います。いろいろ忙しく少し間が空いてしまい申し訳ありません。ご存知の通り、今回のライブは今井リサ役遠藤ゆりかさんラストのステージでしたので色々思うところがありました。言いたいことは残らず書いていきたいと思うので、よろしくお願いします。

セトリ

OA.THE THIRD(仮)
1.That Is How I Roll!

2.しゅわりん☆どり〜みん

3.Don't be afraid

4.R.I.O.T

MA.Roselia

1.ONENESS

2.Determination symphony

【カバー曲メドレー】
3.魂のルフランHacking to the GateETERNAL BLAZE

4.深愛

5.LOUDER

6.熱色スターマイン

7.軌跡

8.Re:birthday

9.-HEROIC ADVENT-

EN1.Neo-Aspect

EN2.BLACK SHOUT

EN3.陽だまりロードナイト

THE THIRD(仮)についての感想は前回の初日公演の記事に書いてありますので、今回は割愛させて頂きます。変化としてはえがオケがしゅわどりに変わっていた位でしょうか。ボーカルを担当したキーボードの倉知さんは両日ともとても可愛かったです。
【ライブレポート】BanG Dream! 5th☆LIVE Day1:Poppin’Party HAPPY PARTY 2018! - はてな日記大作戦

Roseliaについて

さて、OAから間髪入れずにRoseliaのステージが始まりました。一曲目は『ONENESS』でしたが、以前レビューの時に書いたように文字通り、この曲で幕が上がる演出でしたね。非常にかっこよくてテンション上がりました。掴みはバッチリって感じです。
意外だったのは今回もしっかりカバー曲の演奏があったことでした。アルバムが出たので、今回のライブはオリジナル曲のみでセトリを組むと予想していたので、これには少々驚きましたね。聞けなかった曲もあるので、それは次回以降のお楽しみです。とはいえ、今回のカバー曲演奏は歴代最高の内容でしたね。なんといってもまずはカバー曲メドレーですよ。「遂にやったか!」という感じでした。まさにライブならではの演出です。今回は『LOUDER』の前奏のソロパートだったりと、要所要所にこうしたライブだからこその演出があってとても良かった。洋楽アーティストが好きなメンバーが多いから、そうしたところこらヒントを得て考えたとラジオで語っていましたが、どんどんやって欲しいところです。
話を戻しましてカバー曲メドレーです。単純にどの曲もエース級の曲なので盛り上がるのは必然です。僕が特にアガッたのは、『Hacking to the Gate』のイントロで相羽さんが時計の針の手振りを行ったところです。あそこの如何にもな「始まる」雰囲気がめちゃくちゃテンションを煽ってくるというか、高揚感が凄まじくて大好きです。映像化されたら何度も見ます。
そしてメドレーの次は『深愛』ですよ。そりゃそうだ、これをやらない訳にはいかない。歌詞がぶっ刺さりまくる。確かこの曲だったと思うんですが、遠藤さんが弾いているところを相羽さんが笑顔で覗き込んでいるカットが映し出されていて、すごい良いシーンで沁みましたね……。そして改めて水樹奈々の歌唱力の高さを実感するという。相羽さんも上手いですし、声量も素晴らしいんですけどこの曲が難しすぎる……。なんでこんな曲を軽々と簡単そうに歌えるんだ水樹奈々よ……。
この後は『LOUDER』『熱色スターマイン』と、一気にテンションの上がるハードな曲を置いたところで珠玉のバラード『軌跡』のお披露目でした。やはり中盤から後半にかけてに配置してきましたね。アルバムのレビューでも言いましたけど、この曲で終えてしまうとしみじみとし過ぎてしまうんですよね。セトリの緩急やバランスを考えても妥当な位置だったんじゃないでしょうか。
本編ラストの『-HEROIC ADVENT-』は、やはりライブで輝く曲に進化したなと感じます。Roseliaの中でも最も会場全体が一体となる曲だと思います。無音の中、ファンの合唱が響くライブアレンジはBABYMETALの『Road of Resistance』を彷彿とさせます。(他にも同じことをする曲は沢山ありますが)
そういえば新曲やってないなと思っていると、アンコール一曲目が『Neo-Aspect』でした。この曲本当にかっこいい。前日と同じく、リングライトを使った素手とペンライトを使い分けていたのですが、この曲は基本拳を掲げていました。比率としてはポピパがポップでアニソンっぽい曲が多いのに対して、Roseliaはハードな曲が多いのでペンライトを下ろしているケースが多いです。
溜めに溜めてやってきた『BLACK SHOUT』では、相羽さんが「今のRoseliaにしか出来ない演出を見せる」と宣言。正直ライブ前から予想していたことでしたが、2代目リサ役声優の発表とお披露目を兼ねて、新メンバー中島由貴さんと遠藤さんのダブルベースがラスサビで披露されました。ラスサビ前のブレイクで演奏が止まり、もう一人のシルエットが現れたところはワクワクしました。中島さんについてはこの後に詳しく触れて行こうかなと思います。
そしてライブを締め括ったのは『陽だまりロードナイト』でした。これも予想通りではありますが、実際にその時が訪れるとグッと来るものがありました。薔薇の花びら散る美しい光景の中、涙を堪えて演奏するメンバーの姿がとても印象的でした。曲を終え、最後のMCでのメンバーの皆さんの涙は忘れられません。直前までは僕も泣いてしまうと思っていたのですが、このブログだったりTwitterで散々自分の心中や考えを書いていたためか、自分の中での整理がとっくに付いていたようでまるで親みたいな気持ちでその光景を見守っていて、ずっと微笑んで見ていました。勿論寂しいし、とても感動していたのですが、それ以上に「良い仲間だなぁ、良い景色だなぁ」というしみじみとした想いが上回っていたと言いますでしょうか。なんだか僕もまた一つ大人になれたような気がします。



新メンバー中島由貴さんについて

そもそも新メンバーの予想は全くしていなかった僕でしたが、中島さんはアイマスの乙倉ちゃんのイメージが強くてリサのようなキャラはどうなるのか、今のところイメージは持てませんね。ただ、ベースは元々弾いていたようなので、その辺りは安心感ありますね。一応言っておきますけど、僕は2代目が中島さんなことについては何の異論もないし、むしろすごく応援しています。そもそもどんなキャラであれ、2代目キャストっていうのは絶対に大なり小なり批判を受けるものです。それが今となっては大型コンテンツとなったバンドリの、しかもリアルでバンド活動も行うRoseliaに加入なんて僕だったらプレッシャーが強過ぎてやりたくないです。おまけに初お披露目は1万人以上のファンの前で直接、しかも遠藤さんもいる場所でですよ。それを勇気を持って加入したというだけでも、僕は精一杯応援したいという気持ちになってしまいます。中島さんには批判の声なんか気にせず、自分なりの『今井リサ』を見つけて演じてもらいたいですね。
僕個人としては遠藤さんのリサに似ている必要は全然ないと思っていますので。元のものに似ている声の人を使うことに意味があるとは思えませんし、それはただの焼き回しでしかなくてそれを求めるのは2代目の方に失礼だと思います。そんなことするくらいなら潔くキャラを終わらせた方がいいと思わなくもないです。やはり2代目に選ばれた以上、これまでとは違ったキャラクターへのアプローチが見たいですし、新しい『今井リサ』を見てみたいです。勿論抑えるべきポイントというのはあると思いますが、遠藤さんにしか出来ないリサがあるのと同じく、中島さんにしか出来ないリサもあるはずです。簡単に割り切ることができない人も多いとは思いますが、その想いも抱えたまま中島さんのリサがどう育っていくのかを見守ってみたらいいのではないでしょうか。



終わりに

色々な想いが集まった今回のライブですが、個人的には「良いライブだった」の一言に尽きます。ライブそのものも、メンバーの友情も、色々な思い出も全てひっくるめて「良いライブだった」という言葉が最も似合うライブになったと思います。中島さんが加わった新生Roseliaがどのような姿を見せてくれるのか。僕は今からワクワクが止まりません。
そして最後に、遠藤ゆりかさん、今まで本当にお疲れさまでした。思い出はファンの中に、想いはメンバーと共に、そして託された魂は中島さんの隣で、これからもずっと並んで歩み続けてくれるでしょう。いつまでもRoseliaは11人で進み続け、これから先も沢山の輝く景色を僕たちに見せてくれるに違いありません。遠藤ゆりかさん、今まで本当にありがとうございました。