声優・バンドの深読み解剖研究室

知識のない音楽オタクが声優アーティストやバンドを深読みする。バンドリを始めに声優アーティストやバンドのディスクレビュー、ライブレポ中心に書いていきます。

【ディスクレビュー】RAISE A SUILEN 3rdシングル『Invincible Fighter』

こんにちは、僕です。

今回はRAISE A SUILENの3rdシングル『Invincible Fighter』のディスクレビューです。
なんと収録曲のどちらもがヴァンガードのタイアップ曲という今作。その影響か、前作までとは少しアプローチが異なる楽曲に感じます。
それで早速書いていきましょう。

f:id:shun0017:20190623165611p:plain


Invincible Fighter

Invincible Fighter

これまでの曲に比べて重たいコア色は薄くなった曲という印象で、従来よりもデジタルサウンドが強く打ち出されています。RAISE A SUILENの曲というより、Roseliaのエモ系統の曲と言われた方がしっくり来ます。

正直この曲はあまり好きではないというか、RASに求めてる音楽ではないというのが僕の意見です。ヴァンガードのOP曲なのでその雰囲気が出過ぎてしまい、RASの強みや特徴が削がれてしまっているように聞こえます。端的に言えば重低音が全然足りないです。RASにしてはポップな方向に行き過ぎているのかな。DJ的なサウンドも入っていますが、曲全体の印象がRoseliaにも出来る曲になってしまうのです。キーボードやシンセを中心に、サウンド面での違いをあまり感じられません。
それぞれ色の違うバンドが集まっているのがバンドリの魅力の一つなのですから、『そのバンドでしか出来ない音楽』を見せるべきであって、似ていることはやって欲しくないです。

とはいえ、曲そのものはカッコいい曲に仕上がっていますね。ライブで盛り上がりそうな曲です。キメるところではしっかりDJがフックになるサウンドを鳴らしています。Raychellさんのボーカルの力強さが際立つ疾走感溢れる楽曲でした。RASにはもっと攻めた音楽を求めているので、この曲に関しては少し無難な曲だったかなと思いました。



Takin’ my Heart

こちらもヴァンガードのED曲に採用されたタイアップ楽曲です。やはりこれまでの曲に比べるとハードな印象は控えめですが、ミディアムテンポでリズム隊がどっしりとした演奏をしています。重たさはしっかり感じました。基本的に速い曲が多いバンドですので、こうした曲の存在はとても大きいです。ライブでもチェンジオブペースになりますし、セトリのアクセントとして大切な曲になりそうです。イントロのキーボードが少しジャジーでお洒落なフレーズを弾いているのが面白いですね。全然そんな曲ではないのですが、他の音も合わせて少しばかり妖艶というか、大人な雰囲気を醸し出している気がします。

また、Reychellさんのパワフルでかっこいいボーカルにこのテンポ感もマッチしています。サビでがなるように歌い上げるところがあるのも力強くていいですね。RASのボーカルテイクの特徴ですが、メインボーカルに反してコーラスがとても可愛い声なのが良い味になっています。サビで繰り返し歌われる『Takin’ my Heart』のところでちょっと間の抜けた感じでユニゾンに入るのが癖になります。すごく耳に残る。真逆の性質が良い意味での違和感を作り出しています。

イントロに入るとギターから少し展開が変化。オートチューンのかかったRaychellさんのフェイクとコーラスワークから、ブレイクダウンに突入する緩急が堪りません。落ちサビのユニゾンは囁くような歌い方になっていて耳に引っかかります。ここが一番メインボーカルとの違いを感じられる部分かと思います。

頭を振って踊り狂えと言った曲が揃うRASとしては珍しい曲になってはいますが、ミディアムテンポの曲にはEDM系の重低音が似合うものです。決して穏やかな曲ではありません。個人的にRASの中でもかなり好きな曲になりました。



終わりに

『Invincible Fighter』は少し勿体ないな~と思ってしまう曲でしたが、『Takin’ my Heart』がしっかり聴かせてくれる曲でお気に入りになりました。神戸のライブは流石に行けないのですが、ライブの雰囲気をまた一つ変えてくれる曲になると感じています。
明日からは7月に突入という事で、シンフォギアXVの放送が開始され、キャラクターソングの発売が開始。バンドリもRoseliaの9thシングルNO GIRL NO CRYのPoppin'Party&SILENT SIRENverのリリースがあります。おまけに僕の愛するUNISON SQUARE GAREDNのB面集ベストアルバム『Bee side Sea side ~B-side Collection Album~』トリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜』のリリース。そして大阪にて15周年記念ライブ『プログラム15th』も開催されます。もう楽しいことばっか! 7月中ずっと楽しい気がします。
上記のいくつかについては都度ブログは書いていきますが、バンドリ以外のディスクレビュー等も書きたい所存。最近聞いた中だと出遅れましたが夏川椎菜さんのアルバム『ログライン』が良かったので、それについても書きたいですし、書こうと思ってまだ書いてない駒形友梨さんのミニアルバム『[CORE]』についても書きたいなって思ってます。何かしら動いていきたいですね。というか駒形さんも7月に2ndミニアルバム出ますし、伊藤未来の2ndアルバムも7月ですね。ヤバすぎるな……。伊藤さんに関しては既にリード曲の『PEARL』が配信されていますが、激烈に良かったので皆さんマストで聞いてください。

それでは今回はこの辺りで。
さようなら!


Invincible Fighter[通常盤]

Invincible Fighter[通常盤]



アニメソングランキング