声優・バンドの深読み解剖研究室

知識のない音楽オタクが声優アーティストやバンドを深読みする。バンドリを始めに声優アーティストやバンドのディスクレビュー、ライブレポ中心に書いていきます。

【ディスクレビュー】RAISE A SUILEN 2ndシングル『A DECLARATION OF ×××』

こんにちは、僕です。

今回はRAISE A SUILENの2ndシングル『A DECLARATION OF ×××』のディスクレビューです。
僕的に待望の2ndシングルだった訳ですが、期待通りの激アツな楽曲が収録されています。最近ライブも相まってバンドリで一番関心のあるバンドがRASになっているのですが、ライブレポートみたいに長くはならないように気を付けます。
それでは書いていきましょう。




f:id:shun0017:20190302225651j:plain

A DECLARATION OF ×××

A DECLARATION OF ×××

ずしりとくる重低音とEDMサウンドが非常に特徴的な今楽曲は、まさしく「RAISE A SUILENの音楽とはこれだ」と見せつけるようなエレクトロニコアとなっています。イントロのドラムの刻みがいかにもって感じで良いですね。少し妖しいメロディーがRaychellさんのボーカル(もうレイヤのボーカルと呼んだ方がいいでしょうか)とマッチしていて、双方をより引き立てています。

イントロから『RAISE YOUR HANDS, NOW!』という煽りが歌われ続け、ハードな曲調やレイヤのボーカルと合わせてAメロに向かいヒリヒリとした緊張感が作られると、ボーカルのロングトーンでそれが一気に解き放たれます。とはいえ、ずっしりとしたビートは刻みつつも演奏自体は比較的クールなままなのが意外なところ。まだコアに尖り過ぎず、バンドリらしいアニソンっぽさ=キャッチーさを意識しているように感じます。サビ前の『RAISE YOUR HANDS, NOW!』がちょっと可愛らしくなるのもそういったところのバランスを取っているのかもしれません。

BPMもそれほど速い訳ではなく、恐らく150台前半と言ったところです。ライブで一緒に歌うところの多い曲なので、速すぎると追い付かなくなるというのも関係してそうですね。ゴリゴリとしたコアサウンドを魅せつつ、バンドリならではのキャッチーさは損なわせない工夫を感じられます。この先よりコアサウンドが尖った曲も発表されると思うので、そこに向けて少しずつ、普段こういった音楽を聞かないアニメファンの耳を慣らしていこうという思惑もあるのかもしれません。

とはいえ、出すところではゴリっとした部分をより見せています。サビなどで見られるドラムのツーバスや間奏のブレイクダウンは必聴です。ブレイクダウン堪らないですよね、僕は重たい曲激しい曲大好きなので今後もガンガンにブレイクダウンある曲作ってほしいです。今回のブレイクダウンはガンガンに頭を降らせるタイプではなくリズム主体と言った感じの魅せるタイプですので、もっとハードなブレイクダウンも聞きたいですね。

とにかくライブが楽しい曲なので、正直音源とライブとではかなり違うと思ってもいいかもしれません。ライブで演奏されたときの熱量が他のバンドリリアルバンドを含めても最も高い曲ではないでしょうか。この曲の真価を知りたい方は、ぜひライブに参加してみて頂きたいです。


EXPOSE ‘Burn out!!!’

Fear, and Loathing in Las Vegasを彷彿とさせるようなピコリーモサウンドを取り入れた楽曲です。イントロや2番Aメロは特に特徴的ですね。ハードで疾走感もあり、一曲目に比べより尖ってきた曲だなという印象です。
Bメロではチュチュによるラップパートが耳を惹きます。ライブで聞いた時にも思いましたが、紡木さんのボーカルがとても良いですね。とても存在感のある声をしていらっしゃると思いますし、単純に歌も上手いです。僅かなソロパートの中でかっこいいところ、可愛いところ、セクシーなところチュチュとして見せてくれています。

その後のレイヤのボーカルには遂にオートチューンが入りました。これでよりエレクトロニコアらしくなりましたね。RASのこれまでの曲の中で最もエッジの効いた曲と言ってもいいでしょう。しかし全体的にはしっかりキャッチーな聞き心地でもあり、あくまでバンドリというコンテンツのバンドであることを主張しているかのようです。どこまでこの境界を曖昧にしていけるかが今後の注目ポイントでしょう。

間奏では今回も当然のようにブレイクダウンがあります。こちらは先ほどに比べてヘドバンさせるようなブレイクダウンになっていますね。好みです。
ラスサビを駆け抜けた後はメインボーカルとコーラスの掛け合いがラストに向けて更にアクセルを踏み、チュチュのボーカルとコーラスでそのままぶっちぎるので最後の最後までハイなまま終わります。ここはライブだとRaychellさんのシャウトも入った三重奏になるので、こちらも機会があればライブで聞いて頂きたいですね。この曲は7thライブで撮影とSNS投稿が許可されたので、検索して頂ければ動画も見られると思います。


僕が撮影したものも貼っておきます。雰囲気が少しでも伝わればと思います。僕は踊るのを押さえられない人間なので、ブレていない映像が見たい人はそれぞれ探してくださいね。


終わりに

今回はこの辺りで。やっぱりRASの曲は最高に良いですね。既に3rdシングルが楽しみで仕方ないです。本文でも書いた通り、これからもっとコア色の強い曲も出てくると思うので、期待しながら待ちたいと思います。

それではお疲れさまでした!

A DECLARATION OF ×××[Blu-ray付生産限定盤]

A DECLARATION OF ×××[Blu-ray付生産限定盤]

A DECLARATION OF ×××[通常盤]

A DECLARATION OF ×××[通常盤]