はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと。主にバンドリを中心とした音楽関連のディスクレビューやライブレポを書きます。

【ディスクレビュー】喜びの中に悲しみを、悲しみの中にも喜びを Poppin’Party 9thシングル『CiRCLING』

こんにちは、僕です。
今回はPoppin’Partyの9thシングル『CiRCLING』のディスクレビューです。個人的に今回のシングル、ポピパの中で一番好きなシングルになりました。今からライブで聴くのが楽しみで仕方ないです。早速書いていきましょう。



CiRCLING

CiRCLING

イントロからとても高揚感のある演奏で、この後に待つ曲展開に向けて非常にワクワクさせられます。多幸感がある爽やかな音色で春らしい開放的な気分も味わえますね。弾むリズムが楽しく、自然と身体も動き出します。かっこいいけどかわいさもある曲で、僕は非常に好きです。初期と比べ現在のポピパの曲はどんどんバンド的側面が強くなっています。この曲も実にバンドらしい音なのですが、Aメロの空気感はアニソンっぽい気もします。『アニソンとバンド音楽の融合』というバンドリのテーマが、高次元で磨かれているように思えました。
歌については香澄の元気なボーカルがとても似合う曲で笑顔で歌っている様子が思い浮かびます。しかし時折聞こえるがむしゃらに訴える叫びのような歌い方が胸に刺さります。この曲はガルパのイベントで、自分たちのチラシが捨てられていたことにショックを受けた香澄が音楽で観客を振り向かせようと歌った曲ですので、そうした伝えたい届けたいという想いが反映されているのかもしれません。サビ直前の少し噛みしめるように歌うところがかっこよくて、個人的にとても好きです。また、今回も香澄以外のメンバーがボーカルを取っており、それぞれの歌う歌詞にもなぜこのキャラが歌うのかという視点で注目していただきたいですね。こうした楽しみ方ができるのはアニソンらしいポイントではないでしょうか。特に沙綾が歌うCメロは印象深いなと個人的には思います。

Forever lasting friends!

この歌詞めちゃくちゃグッと来ます。メッセージ自体は珍しくもないですが、アニメ等のバックボーンを考えた時の破壊力よ。本当にそうであってほしいと心の底から思いますよね。
また、サビで3回出てくる「わ!」という言葉。これはそれぞれ「」「」「」とその後に続く歌詞に合わせて文字が振り分けられています。それぞれすごくポジティブな印象で、文字一つでもこれだけ印象が変わるんだなと日本語の面白さも感じました。実にポピパらしい歌詞です。この場所って音としてもサビの良いところに良いリズムで入ってくるので、フックとして耳に引っかかりますしすごく楽しいんですよね。余計に「わ」の印象が強まります。

受け取った愛は 巡り続ける世界への愛だ

帯のキャッチコピーにも使われていたこの歌詞ですが、すごく良い歌詞ですよね。こんなにポジティブな歌詞はないです。ポピパらしいというか、ポピパじゃないと歌えない歌詞ではないでしょうか。

Light Delight

ピアノのソロから始まり、雪崩れ込むようにエモーショナルなギターサウンドが奏でられるイントロを抜けると、再びピアノのみの落ち着いたAメロがやってきます。溢れそうな感情を押しとどめているような印象も受けますね。曲が進むにつれてその想いが少しずつ溢れ出し、サビで遂にそれが解放される。そんな楽曲全体を通して緩急のある構成になっています。演奏だけ聴くとあまり変わったことはやっていないように思えますが、歌メロがめちゃくちゃ良いです。ボーカルが乗ると一気にエモさが倍増します。先ほど『CiRCLING』の時にも書きましたが、それ以上に悲痛な叫びにも似たボーカルが聞く人間の心を揺さぶります。そもそも香澄、というより愛美さんのボーカルってすごく感情的で、ダイレクトに聞く人間の心に訴えかけてくるようなボーカルなんですよね。ご本人も感情に歌が左右されるタイプと語っていますが、とても魅力的なボーカルだと思います。僕もバンドでボーカルをやっていたりしましたが、自分の場合はあまりそうしたタイプではなかったので、ストレートに感情を揺さぶることの出来る彼女のボーカルは少し羨ましく感じます。
この曲も歌詞は必見です。1番ではこれまでないほど救いのない重たい歌詞が並べられています。

明日になればすべてがなかったように 笑顔で唄うよ

すげぇ辛い、何この歌詞。アニメの時もそうでしたが、普段馬鹿が付くほど明るいからこそたまにこういう重たい歌詞が来ると余計にキツイですね。しかし、2番に入ると暗雲を切り裂くように光が差し込み、ここから「仲間」の存在が描かれます。

つらいこと(キミに) 素直に打ち明けよう
まずは私が 変わらなければ

仲間の存在に気付き、一人きりじゃないことを知ったことによるこの歌詞。曲冒頭では一人ぼっちでベッドに寝そべり、泣きながら天井をただ見ていた訳ですから明確な変化ですね。「孤独なふりをするのはもうやめよう」という歌詞もあるので、一人ぼっちだった訳じゃなくそう思い込んでいたという事なのかもしれません。実際に1番でもメンバーのコーラスがありますからね。そしてラスト目前、遂に仲間達が明確に姿を現して歌います。

「大丈夫だよ 一人じゃないよ」
「諦めないで もう少しだけ!」
「一緒にいれば 素直になれる」
「自分のこと好きになれるよ だから」

エモすぎる。こんなん泣くでしょ。歌詞のストーリーを回収するのはもちろん、メンバーそれぞれが歌うというのがまさしく救いであり、孤独じゃないことの証明になっています。

この世界は一人じゃないよ――

締め括るこの歌詞がこの曲の全てを、それどころかこのシングル全てを物語っている歌詞と言っても過言ではないでしょう。噛みしめるように繰り返される「一人じゃないよ」という言葉が、シングルを通して伝えたかったポピパのメッセージなのではないでしょうか。

まとめ

今回のシングルはタイトルにもある通り、喜びや笑顔の中にも悲しみや涙があり、悲しみの中にも喜びや笑顔があるというシングルだったのではないでしょうか。『CiRCLING』は非常に明るく楽しい曲ながら、発信源は悲しみであったり切実な想いが込められた曲でした。一方『Light Delight』では悲しみや救いのない想いからスタートし、その中で仲間の存在という救いを見つける喜びやポジティブなメッセージが込められていました。ポピパは明るい楽曲の似合う元気印なバンドという印象が強いですが、その裏側には悲しみもある。その表裏一体が表現されているのではないでしょうか。そして喜びも悲しみも、味わうのは決して一人じゃないという「仲間の存在」を歌ったシングルが、この9thシングルだったのではないかと思います。

終わりに

何度聴いてもすごく良いシングルでしたね。ユニゾンの新譜とこのシングルはリリースされてから特に繰り返し聴いて楽しんでいます。バンドリ的には4月はリリースもなく、ある意味5月に向けた充電期間だと思いますが、僕の方は就活も大詰めといったところでしょうか。実は一つ最終選考に進んでいるので、まずは内々定を一つ獲得しておきたいところですね。
それでは今回はこの辺りで、さようならー。

CiRCLING

CiRCLING

【早期購入特典あり】CiRCLING(A4クリアファイル「戸山香澄・牛込りみ・花園たえver.」付き)

【早期購入特典あり】CiRCLING(A4クリアファイル「戸山香澄・牛込りみ・花園たえver.」付き)