はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

JAM project JAPAN TOUR 2017〜2018 “TOKYO DIVE” in神奈川レポ

こんにちは、僕です。
先日木曜日、11月2日に神奈川の川崎市スポーツ・文化総合センターで行われたJAM projectのライブツアー『TOKYO DIVE』の初日公演に参加してきました。JAMのライブに行くのは今回が初めて(厳密には2度目)で、とても楽しみにしていたのですが期待以上の素晴らしいライブでした。
今回は特別見出しはつけず、感想を連ねる気軽な感じにするので悪しからず。

セトリ
1.Spinning Out of Control
2.TOKYO DIVE
3.EMG
4.BAD CITY~We’ll be alright!~
5.神ノ牙~The Fang of Apocalypse~
6.勝利の未来
7.紅ノ牙
8.Divine love(奥井雅美)
9.風になれ(遠藤正明&きただにひろし)
10.星空のレクイエム(影山ヒロノブ&福山芳樹)
11.アレクサンドリア
12.Believe in my existence
13.I KILL-イキル-(アコースティック)
14.Growing up(アコースティック)
15.シュワッチ!~君を護りたい~
16.Everything
17.豪腕パンチ
18.THE EXCEEDER
19.The Brave
20.東京スキャンダル
21.Shining Storm ~烈火の如く~
22.鋼のレジスタンス
23.THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~

EN
24.HERO
25.Rocks
26.VICTORY
27.GONG
28.SKILL


いやぁ、本当に素晴らしいライブでした。個々のスキルが天井知らずなのはもちろん知っていたことですが、しっかりとした環境かつ生で聴くとここまで凄まじいのかと面食らいました。実は数年前に代々木の野外ステージで行なわれたフリーライブを見に行ったので、これが初めてのライブではないのです。しかしそのときは野外ということで音が悪くてあまり綺麗には聞こえなかったんですよね。この環境でもこれだけ凄いのか、と驚いたのですが流石に今回の衝撃はそれ以上でした。まさしく圧巻のステージで終始圧倒されてしまいました。特に、今まで見てきたアーティストの中でも圧倒的に声がデカくて笑ってしまいました。恐ろしいまでの声量ですね……。個々の強大な個性がぶつかり合って生まれる爆発的なパワーを体感できました。
今回参加して、JAMは常に新しいことにチャレンジしているんだなと感じました。昨年のツアーからライブ中のスマホによる写真撮影が解禁されたり、今回のライブでは電飾の仕込まれたコスチュームによりメンバー自体が輝きながらダンスを踊る演出があったりと、毎回何か新しい試みに挑戦しているように思えます。アニソン業界の最前線を走り続けるベテランメンバー達が、いつまでも新しいことにチャレンジしていく姿がすごくカッコよくて眩しかったです。自由な世界観を持つ“アニソン”を体現するようなグループだなぁとつくづく感じました。たくさんエネルギーを貰えた気がします。
会場の熱気も凄まじくて、僕は2階席だったんですけどファンのジャンプで揺れてたんですよね。あんなの初めての体験でした。歌っている当人達が激烈に熱いのと曲の熱さとが合わさって、文字通り会場を揺らす激しいライブが成されていました。


今回は少し短い内容ですが、この辺りで終わりたいと思います。理由を挙げるとすれば、JAMはメンバーもバンドも全てが完成されているので、とにかく一度生で見てくれとしか言えないからです。本当に是非とも一度生でライブを見て欲しいです。絶対圧倒されて感動しますから。
それでは今回はこの辺りで。さようならー。