声優・バンドの深読み解剖研究室

知識のない音楽オタクが声優アーティストやバンドを深読みする。バンドリを始めに声優アーティストやバンドのディスクレビュー、ライブレポ中心に書いていきます。

【ディスクレビュー】ハロー、ハッピーワールド! 4thシングル『ハイファイブ∞あどべんちゃっ』

こんにちは、僕です。
今回はハロー、ハッピーワールド!の4thシングル『ハイファイブ∞あどべんちゃっ』のディスクレビューです。これが6タイトル同時リリースのディスクレビュー最終弾となります。
ハロハピらしいハッピー感がそれぞれ異なる形で表現された今作。特に2曲目は尖っているなぁと感じます。
それでは書いていきましょう。




f:id:shun0017:20190303170225p:plain


ハイファイブ∞あどべんちゃっ

ハイファイブ∞あどべんちゃっ

印象的なギターフレーズが早速耳を惹くポップナンバーは、ジャケット絵が示すように海賊っぽさも足されています。具体的に言えば、アイリッシュサウンドが楽曲の中に含まれています。随所で聞こえるアコーディオンらしき音色がそれに当たります。それ以外に変わった音は聞こえません。たったこれだけでもアイリッシュの風を感じる事ができるんですね〜。僕は民族音楽もとても好きなので、これは非常に耳を惹かれます。ハロー、ハッピーワールド!は世界を笑顔にするバンドですので、これを機に色々な国の音楽をテーマにした曲をやってみてほしいです。ラテンやケルト、もっとアイリッシュっぽい曲など夢は広がりますね。

曲そのものはずっと楽し気な雰囲気で進んでいきます。伊藤さん演じるこころの歌声は本当にいつでも楽しそうで、そんな彼女に引っ張られるようにメンバーのコーラスもとても楽しく聞こえます。楽曲の音も派手で目立っていますが、歌と楽器が同じメロディーを弾くところが多かったりしっかりと歌に寄り添うように作られています。
底抜けに明るい曲と歌詞が実にハロハピらしいですね。

た~のしいな~! いつもた~のしいな~!
みんなといるだけでこんなに
う~れしいな~! いつもう~れしいな~!

いくら楽しくてもこんな抜身に楽しいって言えますか? 僕は無理。ほんとめちゃくちゃ楽しくて嬉しいんだなって嫌でも伝わる歌詞ですね。あまりにもまっすぐ過ぎるけどすごく眩しいし、これこそがこころのこころたる所以で一番の魅力。嫌味も何もないとにかくまっすぐな歌詞だから、誰にでも伝わるし一直線に心に届く。そしてこれが響く人にはこれ以上ないほどに響いてしまう。それがハロハピの歌詞なのです。


ふわふわ☆ゆめいろサンドイッチ

仮にもバンドの曲で随分ゆるふわな曲をやるもんだと初めて聞いた時は少々驚いた曲です。マーチングのリズムで進んでいくとても可愛らしい曲で、なんだか童謡を聞いているような気分にもなります。個人的にはあまり好みなタイプの曲ではないのですが、これはハロハピにしか出来ない曲で面白いなぁと思います。
ゆったりとした曲ながらハネ感の強い曲なのでノリが良く、聞いていて心地よさを感じます。こころだけでなく、Bメロのはぐみと美咲のボーカルも大変可愛いです。特にはぐみのボーカルはめちゃくちゃ可愛いので必聴ですね。

それまでゆったりとした中で歌っていたのが、サビになると急に展開が変化。よりリズミカルな演奏とボーカルが楽しめます。曲全体の一貫性はあるものの、リズムが速くなったり遅くなったり、曲の展開が広がったり縮まったりと、変化に富んだ曲と言えます。リコーダーやアコーディオンなど普段あまりバンド編成では聞かない楽器の音も聞こえてきて、バラエティにも富んだ曲だなと思います。頭空っぽメルヘンお花畑みたいな歌詞と合わせて、聞いているといつの間にか口ずさんでしまうような中毒性がある曲ではないでしょうか。


終わりに

お、終わったああああ! 途中旅行を挟んでしまった関係でラストの投稿が遅れましたが、何とか6タイトル全部のレビーが終わりました。いやー、楽しいんですけど単純に大変なので、同時リリースはせめて3本までにしてほしいですね……。とりあえずこれでバンドリのレビューはしばらくないので、今月は何か別のCDレビューが書けたらいいなと思っています。
カバーアルバムのレビューは前回同様しない予定なので悪しからず。書かない理由なんですが、カバーのレビューって曲そのもののレビューはする意味がないじゃないですか。それは原曲のCDでやるべきことですからね。そうなるとアレンジやボーカルについてしか書くことがなくて、内容が薄くなってしまうんですよね。だから書いてもあんまり面白くないなと思っています。もし期待してくださっている方がいましたらごめんなさい。Twitterには感想書くと思うので、よければフォローして頂いてそっちを見てもらえたらと思います。あ、もしかしたらアルゴナビスのレビューは書くかもしれません。まだ分かりませんが、何かしらブログは更新しますので気長に待っていてください。

それでは今回はこの辺でさようなら!