はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと。主にバンドリを中心とした音楽関連のディスクレビューやライブレポを書きます。

【ディスクレビュー】アニメ・バンド比8:2な全体曲 『ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!』

こんにちは、僕です。
今回はショートアニメ「BanG Dream! ガルパ☆ピコ」の主題歌である『ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!』のディスクレビューです。
皆さんガルパピコ見てますか? もちろん僕は見てます。ともすればこれまでのキャラクター像を破壊していくほど非常にぶっ飛んだアニメを彩る本楽曲。とってもアニメらしい曲ですが、バンドリならではのアニソンと言える曲になっていました。それでは早速書いていきますが、カップリングの『クインティプル☆すまいる』は以前レビューを書いているので、そちらを読んでいただければと思います。中々上手いところをついたなと思っていますので是非。

【ディスクレビュー】5つの音色が希望と勇気を届ける GBP!スペシャルバンド クインティプル☆すまいる - はてな日記大作戦


ピコっと!パピっと!!ガルパ☆ピコ!!!

ちょっとチップチューンっぽい匂いもするシンセが特徴的な曲で、一聴した時の感想としては『アニメっぽい』でした。とにかくシンセの音が印象的、かつ歌詞がとてもアニソンだったのでこれは一気にアニソンに舵を切った曲だと思いました。
しかし、よくよく聞いてみるとそうでもないぞということに気が付きます。この曲は擬音多めの歌詞やシンセの音など確かにかなりアニソンらしいのですが、あくまでバンドサウンドであることに拘った曲なのです。耳を奪われがちなシンセの音を排除して捉えると、とってもバンドらしい演奏がされた曲だということが分かります。シンセと歌詞はとてもアニソンしていますが、バンドらしさはしっかり音に込められていました。アニソンっぽくしようと思えば、それこそ電波ソングみたいにもっとシンセが主張して生楽器はないみたいにもできます。しかし、あくまでバンド編成でのライブ演奏が可能な範囲のアニソンらしさに収まっています。個人的にこれは意図してそう作ったんじゃないかと思います。『キャラクターとリアルライブがリンクする』がバンドリのコンセプトなので、そこから逸脱するような曲は作らないようにしているのではないかと思います。この辺りのバランス感覚が『バンドリサウンド』だなと改めて感じました。
この曲は『アニソンとバンドサウンドの融合』というバンドリのテーマはしっかり表現しつつ、アニソン要素に比重を寄せてきた曲と言えるのではないでしょうか。この比重の寄せ方一つで様々な特徴の曲を表現できるのは、バンドリというコンテンツの強みでもありますね。今回は大体8:2くらいのアニメ・バンド比になっているんじゃないでしょうか。一度聞くと中々頭からは抜けていかない中毒性のある曲です。
余談ですが、友希那と蘭がピコピコ言ってると思うと面白くて仕方がないです。僕だけじゃないはず。

おわりに

ちょっと更新が遅れてすみませんでした。初めてのアニサマに行ったり内定者研修兼懇親会があったりと、色々イベントが重なって書く気力がありませんでした。ガルパの方はボカロコラボで賑わっていたり、ポピパの11thシングルの視聴が始まったりしていますね。楽しませてもらっています。もう夏も終わりですがガルパはまだまだ熱い。
僕の方は学生最後の夏が終わり、大学も今月から後期が始まるといったところ。いよいよ卒業までのカウントダウンが始まりました。卒業までたくさん遊んでやろうと思っているので、行きたいライブやイベントは出来る限り行こうと思っている今日この頃です。手始めに明日伊藤美来さんのお渡し会に行きます。すごい緊張する。ちなみに月末にはライブにも行きますので、もしかしからレポート書くかもです。
ここを長々書いても仕方ないので、今回はこの辺りで。ツイッター見てくれれば近況は呟いています。それではさようならー。

ピコっと! パピっと! ! ガルパ☆ピコ! ! !

ピコっと! パピっと! ! ガルパ☆ピコ! ! !