はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

【ディスクレビュー】チョコレートのように甘いスウィートポップ バンドリ!牛込りみキャラクターソング『チョコレイトの低音レシピ』

こんばんは、僕です。

今回は先日発売されたバンドリ牛込りみのキャラソン『チョコレイトの低音レシピ』のレビューです。花園電気ギター!!!!から少し間が空いて申し訳ないです。何かと忙しかったというか気乗りしなかったというか、数日手が動かない状態でした。あんまり間が空いてもよくないので頑張って書いていきましょう。

 

 

 

チョコレイトの低音レシピ

チョコレイトの低音レシピ

ベースがうねりスラップが弾むポップソング

ベース担当が歌うということもあり、この曲は非常にベースが目立っているのではないでしょうか。歌い出しからAメロ頭ですぐにスラップが挟まれ、その後もとても動きがあるうねるベースラインに耳を引かれます。UNISON SQUARE GARDEN好きとしてはこういうベースラインに動きがある曲大好きなので、この曲かなりいいなぁと思いました。必聴なのはもちろんありますベースソロ。バッキバキのスラップが楽しめます。ベース好きにはたまらない曲なのではないでしょうか。

曲調は可愛らしいポップスと言ったところでしょうか。『どきどきSING OUT!』とも『花園電気ギター!!!!』とも違うものです。終始鳴り続けているキーボードがこの曲の甘くて優しい雰囲気を演出しています。これがあるとないとでは大違いでしょう。心地いい音色とりみの甘ったるい歌声とが合わさると脳にキマす。すごい可愛い曲。

 

伝えたい気持ちは『チョコ』と共に

これまた「キャラソンだなぁ〜」と言った歌詞で面白い。歌詞中にはたくさんのチョコに関連するワードが現れます。『ホワイト ストロベリィ』や『カカオマス ココアバター』等々……。こいつほんとチョコのことばっか考えてんなって感じの歌詞です。香澄の時以上におたえ・りみの曲はキャラクターがよく出てる歌詞、という印象ですね。サビ頭の『cho  cho  cho 』と続くところは特徴的な歌声も相まってとても耳に残りやすく、ある種の中毒性を感じました。

チョコばかりに目が行きがちですが、主題としては『気持ちを伝えたい・知ってほしい』というところにあるようです。チョコをかき分けると、ところどころにそういった歌詞が散見されます。引っ込み思案なりみは気持ちを伝えることが苦手でしょうし、本当はもっと気持ちを発信したいと思っているのかもしれませんね。チョコだけに“チョコ”っと伝えたい気持ちがあるでしょうね。

は?

 

Yes! BanG_Dream! ~Acoustic Ver.~

これまでのアレンジとは違ったアプローチ

 『ティアドロップス』『走り始めたばかりのキミに』はしんみりとしたアコースティックアレンジでしたが、今回はそれらとは少し違ったアプローチがされています。原曲のすごく明るいイメージからかけ離れることない、温かみのある楽しげなアレンジです。勝手に盲点としていたアレンジだったので少し「そう来たか」と驚きましたが、りみの歌声にはこういう方があっていますね。あまりしっとり歌い上げるのが似合う声ではない気がします。今回も気持ち西本さんの地の歌声に近い印象です。もしかしたらそういうディレクションか出ているのかもしれませんね。

 

まとめ

今回もキャラソンとしての完成度がとても高い一枚だったと思います。『チョコレイトの低音レシピ』では特徴的な甘ったるい声とマッチしたポップさやキャラクター性がよく出てる歌詞など、キャラソンの特徴を発揮していたと思います。同時にバンドの土台であるベースの魅力的なところも楽しめる曲でした。実は最初はそれほど好きな曲ではなかったのですが、ディスクレビューを書くために何度も聞いているうちにどんどん好きになっているのに気付きました。所謂スルメ曲ですね。僕だけかもしれませんが、声や歌詞選びなど中毒性のある曲なのではないでしょうか。

イエバンのアコースティックアレンジでは、歌声との相性も考えた原曲らしさを残した明るめなアレンジがなされていて、これまでの二曲とは違った魅力があったと思います。特に、今まではどちらかというと原曲の中から新たな良さを生み出す作りだったのが、今回はそれもありつつ原曲のそのものの良さも引き出しているような作りでした。普段引っ込み思案なりみがイエバンの前向きな歌詞を歌うことにも、何か意味を感じさせますね。

 

おわりに

今回はおたえのとき以上に短くなってしまいましたね。というか、おたえのときに「短くなった」とか言いましたけど、今思えば全然内容少なくはないんですよね。むしろ今回くらいが普通なんじゃないかなと。まぁ途中保存したはずなのに書いていた内容が消えたりしましたが、なんとか書ききれてよかったです……。

今回のキャラソン2つがどちらも、曲としてもキャラソンとしても良かったので残る二人のキャラソンも楽しみですね。花園電気ギター!!!!ほどのインパクトは流石にもうないかなと思いますが、どんな曲調で攻めてくるのかとても気になるところ。

 

さて、それではこの辺りで今回の記事はおわりにしたいと思います。まぁすぐにRoseliaのリリースがあるのでまた更新すると思いますので、そのときはまたよろしくお願いしますね。さようならー。