はてな日記大作戦

好きなことを気の向くままにつらつらと

【ディスクレビュー】最もガールズバンドらしく、そしてシンプルにかっこいい Afterglow 1stシングル『That Is How I Roll!』

こんにちは、僕です。

今回はAfterglowの1stシングル『That Is How I Roll!』のディスクレビューです。ガルパ発バンドのラストバッターであるAfterglowは、全てのバンドの中でも最も正統派なガールズロックを鳴らしています。早速書いていきましょう。

 

That Is How I Roll!

That Is How I Roll!

ノリやすい正統派なロックサウンド

ガルパにはこのAfterglow(以下アフロ)を含めて5つのバンドが出てくるわけですが、 このバンドが最も正統派なロックバンドをしていると思います。みなさんが『バンド』と聞かれて真っ先に想像するモノにアフロの曲はとても近いのではないかと。キーボードの主張は控えめで、逆にギターは非常に目立つギターロックです。

曲としても非常に分かりやすい構成なので、とてもノリやすいと思いました。ほぼこのままの状態でどこかのバンドが演奏していても違和感ないと思います。ポピパ以上にバンド色は強いですね。特にサビに至るまでの展開の『バンドっぽさ』はすごいです。ここまでバンド寄りに舵を切ってきたかと。本当ならポピパでこういうのをもっと聞いてみたい訳ですが、ポピパにはポピパの色もあるということで。この曲の佐倉さんのボーカルは個人的にあまり得意ではないのですが、サウンド面だけならばかなり好みです。バンドが好きならきっと気にいる曲ではないでしょうか。

 

“自分流”を貫けというちょっとキザな想い

気取っているというか、ちょっと格好つけているような歌詞が微笑ましいです。歌詞のメッセージとしては、“自分らしさ”や“自分流”を貫け、他人なんか気にすんな、俺は俺だしお前はお前だろ。そんな感じでしょうか。ロックらしい反骨精神も感じる歌詞です。アフロらしい、というか蘭らしい歌詞ですね。周りから少し怖そうと思われがちなところや、華道の家元の娘でありながら髪にメッシュを入れ、バンド活動をしているという点とリンクしているように思えます。

さっきも言ったように、歌詞は結構気取っているようなキザっぽい印象。少しスレた女子高生の初期衝動感があっていいですね……。何が特にキザっぽいかって、曲名の『That Is How I Roll!』は見て分かるように「That’s how i roll」のことな訳で。これってどういう意味かっていうと、「これが俺流さ」ということを格好つけて言っている決め台詞的なモノなんですよね。めちゃくちゃキザっぽくないですか。意味もキザっぽいのにわざわざそれを英語で評価したあたりが特に。僕はこのくさい感じすごく好きです。

 

True color

夕日の似合う、まさしく“エモい”曲

メンバーでギター担当の青葉モカはよく「エモい」という言葉を使いますが、この曲はまさしくその言葉が似合う“エモい”曲ですね。すごく好きな曲です。エモさが出る要素って色々あると思うんですけど、この曲ではギターの音色やピアノの音といったところからありありとエモさが出ていますよね。エモい曲といえば夕日、夕日といえばAfterglowという訳でバンド名からしてエモさとは関係深かったのかもしれません。

僕は特にこの曲のギターの音が大好きでして。エモいと思います。イントロのリフも堪らんですよ。想像してみてください、野外ステージでこの曲のイントロをバックに夕日が登り、会場を橙色に染める情景を。それっぽさがすごいですよね、エモいです。

 

蘭からの熱い感謝の気持ち

歌詞に関しては例によってバンドストーリーと密接な関係にあるので、詳しくは実際にプレイして確認してみてほしいところです。端的に言えば、蘭から他のメンバーへの熱き感謝の気持ちが書かれている歌詞です。青春を感じる良い歌詞。

アフロの歌詞はメッセージがとてもストレートでガツンと胸に届く気がします。加えてこの曲では『That Is How I Roll!』とは違い、気取った表現や言葉は使われていません。蘭の素直な気持ちが歌詞となっているのだと思います。幼なじみであるメンバー達へ歌う曲に、変な格好つけはいらないし、蘭的には歌でなら恥ずかしがらずに本音が伝えられたのかもしれませんね。

 

『ボーカル』佐倉綾音の意外な魅力

 この曲をガルパで初めて聞き、その後カバー曲である『アスノヨゾラ哨戒班』を聞いて一層強く感じたことなのですが、佐倉さんの高音がとても良いなと僕は思っています。『That Is How I Roll!』は低音が目立つので正直あまり上手くないなと思うのですが、これらの高音曲ではとてもノビのある高音を披露しているんですよね。特に『アスノヨゾラ哨戒班』のサビの高音は「こんな高音出せるの!?」と驚いてしまいました。この『True color』でも丁寧な高音が披露されていて、とても魅力なある高音だなと感じました。サビやCメロは全体的に高音が綺麗でいいですし、サビ終わりの『ありがとう』というところはとてもよく抜けていくノビのある高音で心を掴まれてしまいました。Roseliaの相羽さんもノビのある高音が魅力的ですが、彼女の高音は貫通力があるという印象で、佐倉さんの場合はパワフルだけど繊細な高音とはベクトルの違う高音の強みだと思います。

 

まとめ

収録されている『That Is How I Roll!』と『True color』のどちらも、非常にバンドらしい正統派ロックサウンドになっています。アニメらしさや声優ソングらしさはとても薄いのではないでしょうか。

歌詞は蘭のスタンスや気持ちがストレートに表現されたモノで、とても分かりやすい歌詞だと思います。そのぶん余計に胸に届く歌詞になっているようにも思えました。僕のように元々バンドが好きな人は、サウンド面では最も気にいる一枚かもしれません。

 

終わりに

 発売からだいぶ経ってしまいましたが、今回もなんとか書き終わりました。そして更新日の本日はポピパの7thシングルの発売日です。もちろん書きます。ずっと楽しみにしていた『Time  Lapse』が遂にフルで聴けるので楽しみで仕方ありません。今回は限定版に3rdライブの映像が収録されるとのことで、もちろんそちらが欲しかったのですが……。今月は学費の支払いがある関係で無闇にお金を使うこともできず、使えるお金もかなり少ないため今回は泣く泣く通常盤を購入することになりました。後日中古なりで初回盤を買いたいなと考えています。

 

それでは今回はこの辺りで、さようならー。